メガネ・時計・ジュエリーの専門店 新潟県新発田市中央町3-7-1 営業時間:年中無休 月~土 9:30~18:30 日・祝日 10:00~18:00
 
 
店舗紹介 メガネ 時計修理 ジュエリーリフォーム 0254-22-3350

rss

Online Shop

 その他サービス

contents

メール会員登録

 

HOME»  眼鏡の選び方

眼鏡の選び方

ブランドやフレームの形・色など、メガネ・サングラスの選び方は人により異なります。ここでは「顔の形・輪郭」といった視点から眼鏡の選び方のポイントを簡単にまとめています。

これから紹介する4つのパターンとあなた自身の顔の形を見比べながら、選ぶ際の参考にしてください。

1:丸顔タイプ

丸顔の方は、その輪郭に対し、眼鏡は角のある四角いフレームが顔を引き締めて見せてくれます。フレームの上下幅が小さく、全体的にも細めの眼鏡フレームを選ぶと効果的です。丸型のフレームを選ぶとかえって丸顔を強調されてしまいます。さらにフレームの上下幅が広いと顔全体が短く見え、よりアンバランスとなってしまいます。スクエア・フォックス・バレルなどの眼鏡が特にオススメです。

2:四角顔タイプ

四角顔タイプの場合、基本丸顔タイプとは逆の選び方になります。輪郭に対して丸型のフレームを選ぶことで、顔全体に柔らかい印象を与えます。フレームの上下幅も大きく、太めの眼鏡フレームを選ぶと良いでしょう。オーバル・ラウンド・ウェリントンがオススメな形状です。逆に、スクエアなど角のあるタイプのフレームは四角顔をより角張った印象を与えてしまうのでご注意を。

3:三角顔タイプ

シャープな顔立ちの三角顔タイプ。このタイプに当てはまる方には、丸みのあるフレームを選ぶことで優しい印象を与えてくれます。縦幅は深め、細めの眼鏡フレームを選ぶとより効果的になります。オススメするのは次の3タイプです。オーバル・ラウンド・バレルなどがオススメです。特にオーバルは小ぶりのものを選ぶと良いでしょう。逆に大きすぎるとフレームだけが目立ち、太めの眼鏡フレームは顔の細さを強調してしまう恐れがあるので、ウェリントン・フォックスといったタイプのフレームはなるべく避けた方が良いでしょう。

4:面長タイプ

上の3つどれにも当てはまらないという面長タイプ方の場合、四角顔タイプと三角顔タイプを足して2で割るような選び方が基本となります。大きく丸みのあるフレーム、縦幅は深めで太めの眼鏡フレームが顔を短く見せてくれます。ウェリントン・オーバル・ラウンドこの3つを中心に選んでみると良いでしょう。

ここまで4つのタイプの顔を例に挙げてきましたがいかがでしょうか。各フレームの良い所・悪い所を混ぜつつ紹介しましたが、これらはあくまで参考であり「丸顔だからラウンドは絶対ダメ!」ということはありません。あなたの魅力を十分に引き出すおしゃれなメガネを選んでください。

新潟にある山口時計店は各タイプ、大から小、太めから細めと幅広い眼鏡を取り扱っている眼鏡店です。
眼鏡だけなく、時計・宝飾の取り扱い、時計修理・ジュエリーリフォームと幅広く承っております。和の歴史に包まれた街、新発田市で皆様のご来店をお待ちしております。